英会話でアクティブトラベル

英語を話す機会がないなら英会話レッスン

私自身の経験から、英語を話せうようになりたかったらまず、話す機会を作ること。そしてトライ&エラーをとにかくすることということ実体験として感じたわけですが、この英語で話す機会というのはとても大切です。

 

詳しいいきさつはコチラを読んでみてください。
>>>自分の英語で旅したいとおもった私の勉強法

 

上記の記事にもある通り、私の英語は悲惨なものでした。中学生レベルの英語という早めの段階で会話の経験値が足りないことを、認めなければならなかったわけでですが、逆にいろいろな経験を新たにつむ結果になったよかったとも思います。

 

レッスン中の出来事

「How are you?」と聞かれたら答えは「I'm fine thank you,and you?」としか答えられなかった私は、典型的な「英語を話している自分に恥ずかしくなる日本人」でした。

 

それでも、マンツーマンであることが恥ずかしさを軽減させたのか、友人のことや好きな海外ドラマのことなど、目の前にいる外国人に何とか伝えようと知っている単語を発すると、案外理解してもらえ、不思議と相手の英語もなんとなく理解ができるようになりました。

 

100%お互いの意思疎通ができているかといわれると、そうではないと思いますが、2人の間ではコミュニケーションが成り立ち、英語での会話が成立しているなーという気持ちにさせてくれたので「なんとかなるんだ」と英語でのコミュニケーションに妙な自信がわきました。

 

いわゆる教科書に沿ったものではなく、コミュニケーションからなじんでいく英語。好きな海外ドラマを見ていても、聞いたことのあるフレーズを1つつかめると、英語がしゃべれる人になった錯覚に陥りました。そうなると、不思議なもので、英会話でも英語を発することへの恐怖心はなくなります。

 

「今の自分の英語力では馬鹿にされるのでは?」と考えやすく、私もそう思っていましたが、そんなことはありません。私たち日本人が、カタコトでも日本語を一生懸命話そうとする外国人に対してバカにするような気持にならないのと同じなのだと思います。自分の思い以上に伝えようとしてはなった単語は相手に伝わります。その逆もしかり。…と、調子に乗って話した言葉が和製英語でぽかーんとされることもありますが、またそれもよし。一番の敵はいろいろと理由をつけて英語を発さなくなることです。