英会話でアクティブトラベル

英会話と英文法

私の経験上、いろいろ語法や英語のルールを知っていても、そもそも会話になれていなかったら文法も糞もないと経験したのが正直大きいですが、今でも英語における英文法は言語の構造的なものであるために不可欠であるけれども、正確さはそこまで必要ない。とおもっています。

 

逆に英文法にこだわりすぎると英会話がストップしたり、文法が正しいかどうかを考えすぎてスムーズな英会話を妨げることも十分あるので、会話を経験しながら自分の英語を正しくビルドアップしていくというのがいいのかなと思います。

 

日本人のテスト好き

よく言う話ですが、日本人は比較的英文法が得意でペーパーテストの文法の点数はよく、英会話が苦手ということもあるので特に会話は苦手というケースがよくあります。

 

確かに英文法にこだわりすぎると一字一句正しい英語を話せているか気になりどうしてもスムーズに英語を話すことができませんし、相手との会話のやり取りでもいちいち英文法を気にしていれば英会話の内容そのものが考えられなくなります。

 

なので、会話はあくまで○×の世界ではなくコミュニケーションの世界という認識を持って取り組んでいくのが大切なのかなとおもっています。

 

それでも文法は大切

英会話中は文法はそれほど意識しないほうがうまくいくことがあるのは確かです。しかし、だからといって英文法の学習をいい加減にしてもいいというわけではないでしょう。

 

やはり英文法の基本がなければ英会話の応用もきかなくなります。逆に英文法が分かっていれば名詞や動詞、形容詞などを換えるだけで伝えたい内容を組み立てることができバリエーションを増やすことができます。つまり会話中に英文法を思い出すように考えるのではなく、英文法が身についているととっさに、話せるようになります。自然に文法を使って英作文ができるように訓練するように英文法を馴染ませる感覚で学習すれば効果的な英会話の英文法の学習方法となるでしょう。